Green Fins

サンゴ礁を保全する国際プログラム「Green Fins(グリーン・フィンズ)」

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、2021年6⽉に参加表明しました

 

サンゴ礁を保全することを⽬的とした国際プログラム「GREEN FINS(グリーン・フィンズ)」の活動に取り組んでいます。

Green Fins(グリーン・フィンズ)とは、2004年に国連環境計画(UNEP)とイギリスのリーフワールド財団によりスタートした取り組みで、環境に配慮したダイビングやシュノーケリングのガイドラインを作成し、普及させていくことを通してサンゴ 礁を保全することを⽬的としています。

 設⽴以来、世界11ヵ国・約600のダイビングショップが認定されています。 当リゾートが位置する恩納村は2018年7⽉に〜世界⼀サンゴに優しい村〜「サンゴの村宣⾔」をし、2019年には 内閣府よりSDGs未来都市に選定されました。そして、2020年4⽉、⽇本で初めてグリーン・フィンズの導⼊を決め 、世界⽔準のスマート・エコリゾートを⽬指します。

サンゴ礁がなくなるとどうなるの?

サンゴ礁は、生物多様性の保持や私たちの食生活のためにも欠かせない存在です。
約9万種類の生き物たちがサンゴに住んでいると言われ、
また二酸化炭素も吸収してくれるため、地球温暖化からも守ってくれています。

サンゴ礁が減少することで海の生態系が崩れ、魚の減少や絶滅、
地球温暖化の加速が懸念されています。
環境保全活動への取り組みに、何卒ご協力をお願いいたします。

サンゴ礁を未来に残すために、私たちができること 〜サステナブルな社会を目指して〜

アクティビティご参加の前に

リーフセーフな日焼け止め

サンゴだけでなく、美しい海を維持するためにも、化学物質を含まない環境に優しい日焼け止めを推奨しております。日焼け対策として、ラッシュガードの着用もご検討ください。

アクティビティご参加中

1.サンゴは触らず、鑑賞することに価値があります

サンゴはとても壊れやすく、少しの衝撃でも崩れてしまいます。また、サンゴは触れたものを刺すことがあり、手足を切って怪我することもあります。サンゴへの接触はお控えください。

2.グローブ(手袋)は着用せず、素手でご参加ください

グローブをつけている安心感から、サンゴをはじめとする海洋生物を触ってしまう危険性があります。海には、皆さまの命を脅かすような危険性をもった生き物が数多く存在します。
海洋生物、そして皆さまの安全のためにも、グローブを使用しないようご協力お願いします。

3.海洋生物に餌を与えない

餌付けにより、海洋生物の行動が変化することで、海の生態系が著しく変化する恐れがあります。サンゴ礁やサンゴ礁を支える周辺の環境が脅かされてしまいます。

4.ゴミは持ち帰る

万が一、海の生き物たちの体内にゴミが入り込んでしまった場合、命の危険にさらされます。
食物連鎖にも影響を及ぼしかねません。
目には見えなくとも、ゴミを体内に残したままの魚が私たちの食卓に並ぶ可能性もあります。
ゴミは捨てずにお持ち帰りいただくよう、ご協力をお願いします。

アクティビティご参加の前後

エコバックの利用推進

スーパーやお土産屋さんなどでお買い物をされる機会も増える旅行中。何度も使える自分だけのマイエコバッグがおすすめです。ゴミの減少が、サンゴ礁や海の保全に繋がります。

環境配慮を通して体験の質を上げることで、その豊かな⾃然あふれる社会を持続可能なものに していくという恩納村の取り組みに賛同し、グリーン・フィンズへの参加を表明いたしました。


 年間約15万⼈の⽅がビーチ利⽤に訪れる当リゾートが、恩納村エリアのリゾートホテルに先駆けてこの取り組みに参加することで、「2030年には村内全てのダイビング・シュノーケリング事業者がグリーン ・フィンズから正式認定される」という恩納村の目標に貢献できると考えます。


  ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、グリーン・フィンズ正式認定に向け今後も恩納村と協⼒し、ガイ ドラインの遵守、また積極的にグリーン・フィンズの周知活動を⾏って、環境に優しい世界⽔準のリゾートを⽬指しています。


※Green Fins(グリーン・フィンズ)に関するより詳しい資料はこちらよりご覧いただけます。

私たちは持続可能な開発⽬標(SDGs)を⽀援しています。